脱毛を抑える役割を持つ治療成分のフィナステリド。正しく使えば男性型脱毛症と無縁になれます!フィナステリド錠は世界で唯一の飲み薬での予防薬であり、世界60カ国で使用されています。こちらではそんなフィナステリドの特徴などを解説します。

5αリダクターゼを抑えてくれる最強のフィナステリド

5αリダクターゼと呼ばれる酵素がありますが、この酵素は男性ホルモンのテストステロンと結合することで厄介な存在になると言われています。両者が結合すると誕生する物質はDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質なのですが、この物質はAGAの根本原因なのです。頭皮内でDHTの濃度が高くなることでAGAが発症して脱毛を促進させていきますので、改善の為にも根本原因からアプローチをしていく必要があります。
そこで最強とされているのがフィナステリドという成分です。冒頭でも述べたように5αリダクターゼがDHTのひとつの発生原因になっているのですが、フィナステリドには5αリダクターゼの分泌を阻害する働きがあります。結果的にDHTが作られ難くなりますし、AGAによる薄毛を予防することができるのです。
しかし誤解してはいけないことがありますが、それは最強のフィナステリドを以てしても発毛を促進することはできないことです。フィナステリドを服用することで5αリダクターゼの分泌を抑制してDHTの量を増加させないようにできるものの、しかし効果はそれだけしかありません。発毛を促進させる効果は持っていませんし、それゆえに最強のフィナステリドを利用しても発毛する訳ではないのです。あくまでも根本原因を抑制して脱毛を抑えるという作用を持つ薬にしか過ぎませんので、フィナステリドを飲んでいるからといって改善できないこともあります。
発毛の為にはフィナステリド以外にもミノキシジルのような効果的な成分を含む発毛剤を利用することが大切です。脱毛予防と発毛促進を同時に行うことが鍵になりますので、正しく対策を行い改善を目指すと良いでしょう。