脱毛を抑える役割を持つ治療成分のフィナステリド。正しく使えば男性型脱毛症と無縁になれます!フィナステリド錠は世界で唯一の飲み薬での予防薬であり、世界60カ国で使用されています。こちらではそんなフィナステリドの特徴などを解説します。

壮年性脱毛治療、フィナステリドとスーパースカルプ

近年、テレビコマーシャルなどで、AGAという言葉を聞くことがあるかと思います。このAGAとは男性型脱毛症の略称で、ストレス性による円形脱毛症などではない、男性特有の頭髪のトラブルを総称して呼びます。このAGAの特徴としては、ストレス性の脱毛症とは異なり、男性ホルモンが原因で起こるので、薬による治療が非常に有効であるということです。
こうしたAGAの治療にはプロペシアなどの専用のAGA治療薬が有効であり、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬が販売されています。日本国内においてはこの二つの薬のみがAGA治療薬として認められており、フィナステリドを有効成分としている薬は医師の処方を受けるなどのある程度の手数がかかってしまいます。こうした際にはスーパースカルプなどが金銭的な負担や、処方までの時間もかからないので日常生活においては非常に利用しやすいというメリットがあります。スーパースカルプを実施している育毛サロンなどは全国に数多く存在しており、返金保証なども行われているので試しに一度利用してみるなどの使い方も気軽にできます。壮年性の脱毛の治療となると時間的に余裕のある場合も多いので、フィナステリド内服薬を利用するよりもスーパースカルプによって育毛アプローチを計ることも充分に有益です。壮年性の脱毛症状は若年に比べてじっくりと治療できるので、フィナステリドを無理に利用して急性に治療を行う必要はありません。壮年性の脱毛症は、男性であればある程度のリスクは皆持っています。こうした脱毛のリスクは専門病院などの遺伝子検査によって簡単に知ることができるので、積極的に利用することで脱毛の予防につなげることができます。