脱毛を抑える役割を持つ治療成分のフィナステリド。正しく使えば男性型脱毛症と無縁になれます!フィナステリド錠は世界で唯一の飲み薬での予防薬であり、世界60カ国で使用されています。こちらではそんなフィナステリドの特徴などを解説します。

ロング治療になることからフィナステリドの種類を把握

ロングな期間の治療になるのがAGA治療です。AGA治療を始める場合は、まずクリニックで診察を受けることをおすすめします。個人輸入を使うことで、面倒な通院をせずに格安の医薬品を購入することができますが、まず自分の薄毛の原因が本当にAGAであるのか?の確認と、医薬品を使っても良い身体であることを診断してもらうためにクリニックで見てもらい、そして処方してもらいましょう。

フィナステリドの種類は、クリニックであれば2つあります。プロペシアとそのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品といっても、少ししか値段が変わりませんので、あまりメリットは少ないですが、ロング治療になることから、なるたけ安いのに越したことはありません。またフィナステリドの種類として欠かせないのは、フィンペシアになります。こちらはクリニックではなく、安く購入することができる個人輸入代行業者から購入することが可能です。

フィンペシアはフィナステリドのジェネリック医薬品とよく解釈されますが、厳密にいうとそうではありません。フィンペシアはインドの製薬会社が製造しており、インドは医薬品に対する特許なしで製造することができます。医薬品が高い理由は、開発費や製造費用の回収のために高い値段が設定されています。それを特許という形で搾取しています。インドには特許がありませんので、特別安い価格でフィナステリド錠として購入することができます。フィナステリドと同じ種類であり、同等の効果を期待することができます。

ロング治療になることから、安い値段で購入できるのは嬉しい限りです。医療費を抑えたい人は、まず最初にクリニックで処方され、安全を確認できたら、個人輸入で入手するかたちに切り替えると良いでしょう。