脱毛を抑える役割を持つ治療成分のフィナステリド。正しく使えば男性型脱毛症と無縁になれます!フィナステリド錠は世界で唯一の飲み薬での予防薬であり、世界60カ国で使用されています。こちらではそんなフィナステリドの特徴などを解説します。

フィナステリドと女性ホルモンとメーカーの見解

AGAという病名は、テレビコマーシャルなどでたびたび耳にするかもしれません。マスメディアの紹介するAGAは、一見すると専門病院での治療で簡単に直すことができる、程度の低い病のように思われますが、実際の現状としてそのようなことはありません。AGAの治療には複雑な男性ホルモンのメカニズムの解明など、研究者たちの多くの努力があった故簡単に治療できるようになったのです。
AGAの発症のメカニズムは男性ホルモンに依存しているということは既に解明されています。なので、たびたび言われる女性のAGAという症状は現実には存在しません。別に女性ホルモンが脱毛を引き起こしているわけでないので、男性のAGAの特効薬として知られるフィナステリド内服薬やミノキシジル外服薬は、有効な作用を示しません。女性の抜け毛薄毛は女性ホルモンの作用が原因ではなく、髪のキューティクルの減少などヘアカラーのダメージの蓄積の様な外的なものが大きな影響を与えています。フィナステリドは確かに男性の抜け毛薄毛症状の特効薬ですが、フィナステリドのメカニズムとして必ず男性ホルモンの機能を経過するので、これらの薬剤は女性の症状には有効な作用を示すことはできません。これはフィナステリド剤のメーカーなどでも実証されており、女性が利用すると女性ホルモンの分泌にも影響を与えるのでメーカー側としては禁忌にしています。女性のAGAの治療方法としては、医療用のウィッグなどが提案できますが、近年では女性のための抜け毛、薄毛ケアを目的にした商品を開発しているメーカーも存在しており、女性の抜け毛薄毛へのアプローチが近年、研究者たちの間で注目され始めています。