脱毛を抑える役割を持つ治療成分のフィナステリド。正しく使えば男性型脱毛症と無縁になれます!フィナステリド錠は世界で唯一の飲み薬での予防薬であり、世界60カ国で使用されています。こちらではそんなフィナステリドの特徴などを解説します。

フィナステリド錠と飲酒の相性について

フィナステリド錠はAGAの進行を抑制する作用があり、薄毛の改善に最も効果的な成分として、日本の厚生労働省でも認可されている医薬品です。5α還元酵素阻害薬に分類され、男性ホルモンのテストステロンとの結びつきを阻害することで、薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制します。フィナステリドは副作用も少なく、特に注意するべき飲み合わせというものもないのですが、飲酒との相性には気をつけるべきものだと言われています。フィナステリドの作用機序から考えると、飲酒によるアルコールと直接的な関わりはないので、問題もなさそうに見えますが、お互いが肝臓に負担をかけることから注意すべき問題となります。肝臓はアルコールの分解をしているのは周知の事実ですが、同様に血中に溶け出した薬剤の解毒および代謝も行っているのです。薬剤はフィナステリドに限らず、ほとんどの医薬品が血中に溶け出しており、身体に良い効果をもたらす反面、身体にとっては毒にあたるため、肝臓が解毒を行おうとします。風邪薬のように一時的に服用するものであれば、大した問題とはなりませんが、フィナステリドは長期間の服用が必要になる薬なので、肝臓への負担が徐々に蓄積されていきます。これにアルコールの分解で負担が重なると、最悪の場合は肝機能障害となる可能性もあるため、肝臓を休ませることも必要です。基本的には適量を守った飲酒であれば問題ありませんが、深酒をするような場合は定期的に肝臓の検査をするのをおすすめします。一般的なアルコールの量は1日に日本酒であれば1~2合、ビールであれば500mlを1~2本が適量とされ、それ以上を飲むようであれば1週間に2日程度は休肝日を設けることが推奨されています。

フィナステリド錠を安価に入手する方法

フィナステリドはAGA治療薬に使用される成分で、薄毛の進行を抑制する効果があるため、AGAによって失った髪の毛を取り戻す機会を作ることができます。フィナステリドの詳しい作用機序は、AGAの原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)に関与しており、DHTは男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつくことで生成されますが、フィナステリドは5α還元酵素を阻害する働きがあるため、原因物質となるDHTの生成を抑制することが可能です。この作用によって、抜け毛や薄毛の進行が止まり、徐々に毛髪が回復していくことになりますが、ヘアサイクルの都合上、回復するには数年の月日を要します。頭髪のサイクルは約7年にわたって成長するため、少なくとも産毛が生えてきたりして、効果が実感できるだけでも6ヶ月は必要です。フィナステリドはAGAの進行を抑える効果はありますが、完治することはできないので、毛髪が回復するまでは飲み続ける必要があります。すると長期間の服用となり、薬代もかなりの額となってしまいます。国内のクリニックで処方してもらうと、フィナステリド製剤だけで1ヶ月7,500円前後かかるので、6ヶ月間続けて使用すると45,000円もの費用がかかります。いくら髪の毛のためでも限度があるので、もう少し安価で購入したいと考える人も少なくありません。フィナステリドは海外でも流通している医薬品なので、ネット通販で個人輸入すると処方箋も不要となり安価で購入することができます。成分がフィナステリドであれば問題ないという人は、さらに安価のジェネリック医薬品も販売されており、1錠70円前後となっているので、こちらを選択するのも良いかもしれません。

フィナステリドの副作用について理解する

男性にとって薄毛はとても辛いもの。精神的にも大きなショックやストレスを感じることから、鏡に映った自分の姿が見たくなかったり、仕事面やプライベートで引っ込み思案になるなど影響もみられます。ただしこれらの薄毛は原因をしっかりと見極めて適切な治療を行うことで改善することも可能です。特に最近注目を集めるAGAは、内科や皮膚科、外科などでも飲み薬や塗り薬を使った治療法を受けることができます。そこで一般的に用いられる飲み薬にはフィナステリドという成分が入ったものがあります。そもそもAGAは男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという酵素が反応し合って発生したDHTが頭髪のヘアサイクルを大きく乱してしまうというメカニズムを持っています。この時、フィナステリドを含む飲み薬を服用すると5αリダクターゼのII型の働きを抑え、結果的にDHTの分泌量も抑えることになるために、頭髪のヘアサイクルを正常化へと導くことができるのです。ただしフィナステリドには副作用もあるので注意が必要です。もともとフィナステリドは前立腺肥大症の特効薬として開発されたという経緯があるため、その作用において男性ホルモンとも大きく関わってくることがあります。そのために服用においては性欲減退、勃起不全といった症状に陥るリスクがあります。夫婦生活や恋人同士の付き合い方の面で支障をきたす可能性がある場合にはしっかりとパートナーの理解を求めた上で治療することが求められるでしょう。またフィナステリドの副作用には他にも鬱症状を引き起こすという可能性があります。これは男性ホルモンへの影響によって精神状態に支障をきたすことによって生じます。また、1日1錠を必ず服用するという特性上、肝機能への影響が出る場合もあります。服用において何らかの異常を感じた際にはすぐにかかりつけの医師に相談し、今後の方向性を決めることが求められます。

▼毛髪を強くしたい方はプロペシア
プロペシア 効果